子供の日

2019年5月5日(日)     晴れ   さわやかな朝 鯉のぼりも泳いでいました。

1948年・昭和23年に、国民の祝日の一つとして5月5日に制定され、『子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、母に感謝する日』と定められました。
5月5日は、古来から「端午の節句」として、男の子の健やかな成長を祈願する行事の日でした。
現在でも、「子供の日」と言うよりは「男の節句・端午の節句」の色合いが強く、鯉のぼりや五月人形を飾ることが多いようです。
小学校や幼稚園等では、制定後60年以上が経過していることもあり、「こどもの日」が定着浸透しているため、男女共に「兜」や「こいのぼり」を作ったりもしています。
「こどもの日」と「端午の節句」の違いや境がはっきりとしていないのか、気にならなくなってきているのか、どちらなのでしょうか。
一時は、「5月5日の男の節句」が国の祝祭日になり、「3月3日の女の節句」が祝祭日ではないことに、『男尊女卑』の意味合いを含めて批判もあったとされています。
現在では、むしろ全体的に様々な方面で女性の方が強くなったイメージもあり、男女の別なく5月5日が「子供の日」になっていることに異論は出ていないようです。
それだけ祝祭日としての「子供の日」が、広まり落ち着いたということでしょう。
4月末から5月に続く「ゴールデンウィーク」の最後の祝祭日ですが、制定の際に「長く続く休日が望ましい」との配慮もあったとされています。
ところで、「子供の日」制定の中に、子供に関しての言葉があるのは当然ですが、『母に感謝する』という言葉が添えられています。
添えるという意味同様に、「子供の日」は喧伝され浸透もしていますが、母への感謝についてはあまり見聞きしませんね。
母親無くては子供は生まれませんし育ちませんから、もっと『母と子』の部分を強調しても良いのではと感じました。(ウイキーペディア調べ)

戦後間もないころは、食べるのに大変で余裕が無かったので、祝ってもらった記憶は有りませんでした。自分の子供は女の子ばかりでしたので、専ら3月3日のひな祭りばかりを祝っていました。時代と共に考え方も変わってくるのですね。「母への感謝する気持ちを表すのは賛成です。」


画像


画像

この日に庭に咲いていた花
画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック