ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カエル爺さん
2015年08月10日 00:24
御近所のお庭に植えられていたのならテッポウユリの可能性もありますが、道沿いや民家の周囲などで数多く咲いているのであればタカサゴユリの可能性が高いですね。現在、日本で多く見られるこの白いユリは大正時代に台湾原産のタカサゴユリと在来種のテッポウユリとの交配によって創り出された園芸種が拡がったとする説が有力視されています。シンテッポウユリの名前でも呼ばれてもいます。本来、タカサゴユリの花筒には赤紫色のスジがあるのですが、両種の特徴を有するこの花にはテッポウユリ同様にスジのないものやタカサゴユリ同様にスジの出るタイプが見られます。結論として、現在、多く見られるこの白いユリはタカサゴユリ(シンテッポウユリ)で表記する図鑑がほとんどとなっています。?1はアオイ科のモミジアオイなのでしょう。
2015年08月10日 11:42
カエル爺さん有難う御座いました。
暑い日が続きます。
先日、伊賀盆地を訪ねました。ブログへの載せ方を考えたり不明の事項を調べたりで、手間取っています。近く載せますので見てやってください。

この記事へのトラックバック